ドクムシ1巻に該当するスマホ版の各話を解説

ドクムシ1巻のデジタル版を読むと、各話が細かく分かれていない事に気付きます。

その後、スマホ版を見てみると、小分けで各話が配信されていて驚きました。

また、1巻の内容と違い、結局同じ話になるのですが、その過程も違っていて、なかなか趣があるのです。

そこでスマホ版を見ていきながらドクムシ1巻と比べていく事にしました。

ドクムシ1~2話は既に解説済みなので割愛します。

あと何気に3話も1巻に掲載されていないネタだったりするので、これは3巻までのお楽しみという事で・・・。

4話

そんなわけで4話が1巻と重なるストーリーですが、ここは何故か3巻とも絡みあっています。

4話の前半が太一のエピソードになっているのですが、これが単行本だと3巻の内容なのです。

でも、後半が1巻の序盤なので、最初に単行本を読んだ後にスマホ版を読むと不思議な感じですね。

5話

スマホ版ドクムシ5話は、1巻では閉じ込められた校舎内探索部分となります。

ユキトシとレイジが女性達と主に水道やトイレを確認していく、ちょっと恥ずかしいお話ですね。

各キャラの特徴がだんだんわかってくるのも5話の特徴と言えるでしょう。

6話

6話は校舎内で最後の部屋がメインとなります。

そこでは、ドクムシ最大のイベントというか目的が明らかになるので、少々ショックが大きいかもしれません。

ここでは、彼等が生き残りをかけた戦いに挑む事となる理由が、恐ろしい内容で語られていました。

人をぶった切って鍋で調理するとか、はっきり言ってヤバイです。

7話

殺し合いに人食いという、ドクムシにおける真実を知ってしまった彼等が、それぞれバラバラの反応を示す展開となります。

大暴れする者、冷静に体力を温存する者、怯える者と各キャラの性格が出ますね。

単行本1巻では、タイチがミチカのおぱんちゅを覗いてみたり、レイジがアカネの髪を弄ったりしますが、軽くスルーされていました。

8話

だんだん閉じ込められた恐怖でおかしくなっていく彼等の様子を描いているのが8話です。

ユキトシが恐ろしい状況を楽しんでいて、主催者じゃないのかと勘ぐられるとか、少しずつストーリーの歯車が動き出しています。

そしてドクムシというタイトルの理由が、1巻の後半にしてはじめて語られるのです。

毒のある虫たちを戦わせるコドクについて、ユキトシの口から解説されます。

こうして彼等は、閉じ込められている人は、全てが敵同士であると認識し始めるのです。

9話

いよいよドクムシ1巻のクライマックス的な流れとなってきました。

校舎内にいる全員が敵同士だと理解したおかげで、バトルムードが出てきます。

当然、腕っ節が強いトシオは元気いっぱいになりますが、本当に彼が有利なのでしょうか?

単純に1人だけ強くても、ここはコドクの世界。

1対1の対決ではないのです。

10話

ドクムシの10話は、とりあえずユミとアカネの百合ワールドが始まる感じです。

どうやらユミさん、女性しか好きになれない特殊な性癖を持つ人らしいですね。

彼女は、男への強気な態度を見せるアカネに速攻で惚れちゃった模様。

あと、暴力野郎の仲之内俊夫の詳細や過去の話が登場します。

11話

11話は10話の続きでトシオの過去というか、彼が背負っているものがわかります。

あんなに肉体的には強い男でも、意外とメンタルが弱いのが面白いですね。

ついでにアカネとユミの百合展開の続きも読めてしまいます。

ただ、アカネの策略はレイジにも及ぶので、だんだん面白くなってきました。

12話

アカネと百合カップルになったと思い込んでいるユミが、気が狂ってしまったトシオと遭遇!

でも何故か彼女は、怪我をしているトシオに優しく接してしまうから危険な事になります。

と言うか、思いっきりレイプシーンに突入するとか、急展開過ぎでスゴイです。

13話

13話では、一部でエッチな事になっている裏側で、レイジやユキトシ達の様子が描かれています。

アカネとレイジの見回りによって、ユミがトシオに犯された事が発覚。

これが怒りに打ち震えるアカネ達とトシオの戦いが始まるきっかけになります。

14話

酷いマネをしていきがるトシオを尻目にレイジ達は、精神的にトシオを追い詰めつつ撤収。

レイプ目状態のユミは、一体何を考えているのか?

女性達と部屋を分けて過ごす事になったレイジやユキトシは、作戦会議を行います。

対トシオ戦略を全員で話す流れになるのは当然ですね。

15話

レイジが着用しているパーカーが、実は拘束具になるというのが15話です。

場合によってはコドクでのバトルに使える武器ともなりえます。

教室の外では発狂しているトシオがいたりして、恐怖感も溢れています。

彼等は、これからどんな行動を取って生き延びようとするのでしょうか?

16話

女性陣がいる教室をタイチが覗くというシーンから始まる16話。

またもや百合展開になりますが、ユミが強さを見せる話でもあります。

レイジのパーカーから取った紐を持ち、彼女はトシオに戦いを挑みます。

17話

既に色々な意味で飢えているトシオに性的に迫っていくユミ。

散々ハメられてから彼女は、油断して爆睡しているトシオに攻撃を仕掛けます。

一方、ユキトシに負けないように頑張ろうとするレイジは・・・。

18話

必死で脱出口を探すレイジでしたが、大きな悲鳴を聞いて走り出します。

その先には、あっさりとトシオに反撃されているユミの姿がありました。

レイジが何とか飛びかかりますが、当然のようにヤラれます。

その隙にユミは、命を賭けた大勝負に出ます。

19話

階段でトシオに追い詰められたレイジは、はっきり言って大ピンチ。

そんな時、彼等の背後からユミが現れ、トシオの首に紐をかけて階段下へダイブ

彼女はレイジとの協力プレイでトシオの命を奪おうとしますが・・・。