レイジvsユキトシの殺し合いを描いたドクムシ5巻の各話を読んでみた

レイジvsユキトシの長く感じる殺し合いを中心に描いているドクムシ5巻は、ミチカの過去にも注目するしかない内容でした。

幼い女の子に見えるミチカの正体と、ユキトシに挑発と攻撃をされ続けるレイジ。

複雑に絡みあうコドクのストーリーを描いた5巻各話を読んでみました。

70話

射撃練習に熱が入るマリの父は、レイジに憎しみを込めまくっています。

娘を傷物にした上に命まで奪った奴を殺すつもりでトリガーを引く男は、まるで鬼神のように猛っていました。

コドクの戦いが後24時間となり、ユキトシとアカネの亡骸、そしてレイジとミチカ、それぞれの行動や運命がぶっ飛んでます。

71話

パンツのみ状態のミチカに押し倒されたレイジは、思わず性的にやる気全開になってしまいます。

見た目と違い、まるで成熟した女性のように迫ってくるミチカに理性が吹っ飛んだレイジ。

しかし、ドクムシのバトルで死んでいった者達の幻影が見えてしまい、彼は発狂状態に突入します。

そのままレイジが、何故か正気に戻って変な優しさを見せたばかりに、ミチカは怒りと悲しみが混じり合った感情に支配されました。

72話

籠城していたトイレから1人で飛び出したミチカは、過去の記憶と戦いながら廊下を歩きます。

コドクで負けるはずがないと泣きながら叫ぶ彼女の背後に血まみれのユキトシが現れました。

しかも、ミチカから取り上げた唯一の武器を攻撃モードにしているから、はっきり言って大ピンチです。

73話

ミチカの回想シーンがメインとなる73話は、彼女の昔の友人達が登場。

中でも初恋相手と思われる男の子コータが、あまりにも印象的です。

本当の意味でちっちゃい頃のミチカは、見た目と中身が合っているので、かなりあちら側の紳士達の心を煽ってくれます。

そんな少年少女達同士でコドクに立ち向かう事となるのです。

74話

大好きなコータを殺さないといけない運命に落ち込みまくるミチカ。

仲間の片方から逃げようと誘われ、もう一方からは殺せと言われる恐怖に震える少女が取った行動。

それは、大切な2人を殺す事でした。

75話

あらゆる方向からのショックにより成長が止まったミチカは、長い時間をかけ心を取り戻します。

それから何年経過しても変化がない彼女の身体・・・。

こうして新たなコドクへ立ち向かうわけですね。

そして現在、ミチカがユキトシに殺されそうになっている時、レイジは怯えながらトイレを出ました。

76話

ユキトシにトドメを喰らおうとしているミチカを発見したレイジ。

彼は必死でユキトシに飛びかかり、包丁を奪い取ります。

こうして2人の最終決戦が始まろうとしていました。

77話

レンビという名を監視カメラに叫ぶユキトシ。

新たな謎が出てきて困惑するレイジでしたが、それどころではありません。

今は油断しているとユキトシが毒針で攻撃してくる戦いの最中なのです。

ミチカを救うには、目の前の敵を殺すしかない!と考えたレイジは覚悟を決めました。

78話

一瞬の隙を突かれ、急所に毒針を突き立てられそうになったレイジは、一か八かの賭に出ます。

レイジに予想外の行動を取られ焦るユキトシ。

そこへ包丁を振りかざすレイジは、戦いには勝ちますが毒が身体に回り始めました。

でも、さらにもう一度、彼は命を賭けた賭けに出るのです。

79話

スギウラレイジが死なない事に取り乱すレンビは、警察に追われる身になりました。

無理矢理、車で逃走するも、盛大に自爆してジエンド?

しかし、まだ廃校ではコドクが続いているのです。

そこでは、レイジが大量出血を止めるために、正気の沙汰ではない行動に出ていました。

80話

根性を見せまくったレイジはミチカを助け、残り時間を乗り切ろうとします。

いつ死んでもおかしくない身体で、小さな女の子を背負い校舎内を歩くとか信じられません。

こうして、教室に設置されていたタイマーが、ついにゼロとなりました。

しかし、瀕死のミチカが、喜びに満ちあふれているレイジを怖い意味でロックオン。

81話

刑事がレンビとドクムシに選ばれたメンバー達との接点を探り始めていました。

しかし真実は、集中治療室にいるレンビだけが知るという状況です。

あと、コドクが終わり脱出出来ると思い込んでいたレイジに再び悪夢が・・・。

82話

ついにミチカが正体を明かす時が来ました。

コドクの主催者と名乗る彼女は、これまでの種明かしを開始します。

全てを知って、レイジは怒りに狂いますが、見た目少女のミチカを攻撃する事が出来ません。

83話

ミチカが語る、その場所から出る唯一の方法とは?

「レイジかミチカが1人で生き残ること」

ミチカから殺しのアイテムを差し出され、行動を迫られるレイジは悩みます。

84話

ミチカから殺しの提案を受けたレイジは、殺された者達からの声が聞こえて苦しみます。

もう命が尽きようとしているはずのミチカを攻めるなんて事が出来ない彼は、他の方法を探そうとするのです。

でも、コドクの主催者を名乗る少女は、目の前の男を揺さぶる最後のカードを切りました。